2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 剪定をすれば冬空目に迫る | トップページ | 世の動き流されまいと棹ささず »

2015年12月18日 (金)

八九の初の川柳詠んでみる

 2016年1月川柳句会の宿題句締切が近づいて来た。

お題は「七福神」だ。

数十句考えてみたがどれも気にいらない。

昔、正月2日は七福神が乗った宝船の絵を枕の下に敷いてみる夢が初夢
だったらしい。そうすると御利益が沢山あったというわけだ。

さて、自分は・・
この歳で七福神から御利益をいただいたても全部は受けきれない。

 「選ぶなら弁天様が一人だけ」・・と、行きたいね。
なんせ弁天様は、類をみない天女なんだから。それに七人中で紅一点だ。

そこでこんな句を作ってみた。
 「弁天様だけ枕の下に敷く」
この句は、五七五音になっていない。いわゆる八九音の破調だ。

しろいろ資料を調べたら、やはり八九の句はあった。

よし これで行こう!評価は気にしない。







« 剪定をすれば冬空目に迫る | トップページ | 世の動き流されまいと棹ささず »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八九の初の川柳詠んでみる:

« 剪定をすれば冬空目に迫る | トップページ | 世の動き流されまいと棹ささず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本