2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 老いたれば陳平さんが模範です | トップページ | あれこれと何がいいかとワンコイン »

2016年1月10日 (日)

「春立や愚の上に又愚にかへる 一茶」

  来年の新春に備えるために今年いただいた年賀状を整理した。

年々出す方、いただく方とも減ってきて、反対に喪中連絡が増えている。
まさに加齢と反比例だね。まあ、人生の下り坂だから仕方ないか・・。

皆様それぞれ個性的で印象的な裏面でした。ありがとうございました。

本ブログのタイトルはその内の1枚からいただいた。
昨年も同じデザインで一茶の句だった。
  「大江戸や藝なし猿も花の春」

差出人は、隣市在住の日本現代詩人会会員のSさん(女性)
高校の同期生440名中たった7人の女生徒、その内の1人がSさんだった。

3年間同じクラスだったことはないし、ましてや1回も話をしたこともない。
いわば憧れのマドンナだったわけだ。
数年前、別の同級生に紹介されて以来年賀状をいただている。

毎年、私が好きな一茶の句を送っていただくのを楽しみにしている。
タイトルの句は、まさに自分を詠んでいるような気がしたので取り上げさせ
ていただいた

 

« 老いたれば陳平さんが模範です | トップページ | あれこれと何がいいかとワンコイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春立や愚の上に又愚にかへる 一茶」:

« 老いたれば陳平さんが模範です | トップページ | あれこれと何がいいかとワンコイン »

無料ブログはココログ

お気に入りの本