2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 正月にやっぱり来たよ小嵐 | トップページ | 「何もない一日だったがいい夕日」(ももよの川柳より) »

2016年1月 3日 (日)

本当にわかったのかな言い聞かせ

 さて、孫のHに玩具を買ってやることの続き・・
お年玉を貰って(これはすぐに父親に渡していた)うえに、かつ大きな玩具を買って
もらうことがおかしいと教えること・・を。

娘一家が来ているので、今朝は私1人で1.5時間1万歩を歩いた。
歩きながら孫のHに話すかを考えた。いつどう話すかと。

帰宅ると・・
カミさんは「Hの頭の中はおもちゃでいっぱいよ」という。

娘の運転でトイザらスへ4人で出かけた。(婿さんは別用で乗っていない)

車の中で私はHに話しかけた。
「ジイちゃんもバアちゃんもお金がないんだよ。だから大きな(高い)おもちゃは買え
ないんだ。だから小さい(安い)おもちゃにしてね。大きいのがほしかったら、パパ
に預けたお年玉を足して買ってネ」

「お年玉を使っていいよ」

「それじゃパパに聞いてみようか?」
 
少し間をおいて(ホントはパパが怖いんだ)・・
「わかった」

店に着いてHは売り場へ飛び出して行った。
歩き回って探し出したおもちゃは、小さな箱が3個、それでも結構な値段だ。
でも大きなおもちゃは3個合わせた金額の倍もする。よかった!
Hは小さいながらも考えたようだ。

大きい=高価 小さい=安価、小さければ数が多くても安いと理解しているようだ。
結果的にそうなったけれど、まだ金額の高低が理解できないから止むを得ない。

当方は予算の半額で済んだのは結構だった。
ただ、躾の面で役に立ったかどうかは自信がない。

これからが躾の本番だね。

写真はおもちゃをゲットしてご満悦の孫娘Img_37041


« 正月にやっぱり来たよ小嵐 | トップページ | 「何もない一日だったがいい夕日」(ももよの川柳より) »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当にわかったのかな言い聞かせ:

« 正月にやっぱり来たよ小嵐 | トップページ | 「何もない一日だったがいい夕日」(ももよの川柳より) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本