2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「琴となり下駄となるのも桐の運 林忠崇」 | トップページ | 正月にやっぱり来たよ小嵐 »

2016年1月 1日 (金)

今日だけはデカい面して世を照らす

Happy New Year!

2016年の初日の出です。
玄関先の道路のまっすぐ上に日が昇りました。6時59分です。

朝の散歩から帰るこの時刻、いつも見慣れた日の出ですが元日の光は特別な
ものかもしれません。新たな年を意識する人生の区切りとして・・。(写真上)
いつもと違ってこれから出発します。

朝食後、散歩と初詣を兼ねて坂東十二番札所華林山慈恩寺まで歩きました。
もちろんカミさんと一緒です。山の神様ですから大事にしなきゃネ

40分歩いて慈恩寺着、慈恩寺本堂はただいま修理中、本堂はすっぽりと覆われ
ていました。元日の朝の善男善女は少なく待たずにお参りできました。(写真下)

観音様の前で願ったことは5つ、コイン1つでは全部の願い事はムリでしょうから
観音さまの優先順位にお任せしました。1つでも叶えて下されば結構ですよ。

お札、しめ縄、破魔矢をお返してして新しいものに買い替えました。
この程度のモノで1年間、家内の安全を守ってくれるのなら安いものです。

これで初詣は終わり、帰路は近くの玄奘塔(三蔵法師の骨があるとか)に寄りまし
た。こちらには参拝人はゼロ、賽銭箱はなし、さすが玄奘三蔵です。お賽銭などと
ケチなことを要求していません。しっかりと幸せを祈願して来ました。

こうして2016年の年は明けました。約1万歩のショートウォーキングでした。
本ブログをお読みいただいている皆様方のご多幸をお祈り申し上げます。

Img_3698

Img_3702





« 「琴となり下駄となるのも桐の運 林忠崇」 | トップページ | 正月にやっぱり来たよ小嵐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日だけはデカい面して世を照らす:

« 「琴となり下駄となるのも桐の運 林忠崇」 | トップページ | 正月にやっぱり来たよ小嵐 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本