2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 深夜来てご機嫌斜め小女王 | トップページ | 事故に遭い生死分けるも人の運 »

2016年1月15日 (金)

弁天様だけ枕の下に敷く

  M川柳会1月句会の日、宿題句は「七福神」だった。
自分が提出した句を本ブログのタイトルに使った。

句旨は・・
正月2日の夜に、宝船(七福神)を敷いて寝れば宝船の夢をみられるという。

私の人生に七人もの神様はいらない。

選ぶなら、随一女性神である弁財天だけ夢に出てくれればいい。

いい夢を見させてもらうのに弁財天と呼び捨てにはできない。
弁天様と様をつけなきゃ失礼なんだ。

この句は五七五でなく八九の破調だ。自分では初めての挑戦だった。

・・上記のような思いで詠んだのだが、評価は低かった。

自分の目標として今年挙げた項目は5つ、そのうち1つに「比べない」がある。
句会で、他の会員各位の句と比較すれば上の信念に背くことになる。
こんな理屈で秘かに納得した。

句会の後は新年会だった。所詮お遊びの会、にぎやかだった。


« 深夜来てご機嫌斜め小女王 | トップページ | 事故に遭い生死分けるも人の運 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁天様だけ枕の下に敷く:

« 深夜来てご機嫌斜め小女王 | トップページ | 事故に遭い生死分けるも人の運 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本