2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« これがまあ十九歳か空を飛ぶ | トップページ | 空と海大国からの人の波 »

2016年1月18日 (月)

恨めしいとんだ災難重い雪

  昨夜来の雨が今未明に雪になった。

外は一面の銀世界、玄関先に出て見ると水分をタップリ含んだ重い雪だ。
ここ数年、こんな降雪の場合ロクなことが起こらない。そんな予感が!

とりあえず玄関先の雪掻きをした。積雪量は5cm位だろうか。
シャベルですくうとズッシリと重たい。

家で休んでいるとドサッ! ドサッ!とういう音が響く。
屋根から滑り落ちる雪の音だ。

そのうちに、身近で更に大きな音が響いた。
見ると、サンテラスの天井が抜けてテラス中が雪だらけになっている。

更に時間を置いて同じテラスの別の天井からも・・。

2階建ての大屋根から滑った雪がテラスの屋根を直撃したわけだ。
このテラス、新築した家に後から増設したもの。作って20年近く経つ。
エンビ板の屋根では、雨をタップリ含んだ雪を受け止められなかったんだ。

雨が降りしきる中での応急手当、心身ともにビッショリ!
また余分な経費がかかる。
いっそのこと、テラスなど取ってしまおうかとカミさんがぼやいている。

« これがまあ十九歳か空を飛ぶ | トップページ | 空と海大国からの人の波 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恨めしいとんだ災難重い雪:

« これがまあ十九歳か空を飛ぶ | トップページ | 空と海大国からの人の波 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本