2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 小説で追いかけていく真田丸 | トップページ | 繁栄は江戸の蓄積侮れず »

2016年2月15日 (月)

リフォームで婦唱夫随を見抜かれる

 昨年10月~12月のGDPの速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比
0.4%減、年率換算では1.4%だと内閣府が発表した。

この要因は、GDPの6割を占める個人消費が振るわないためだ。

円安などで企業業績は好調だが、賃金の上昇を通じて消費を拡大するという、
安倍政権の「経済の好循環」の実現は遠いのが実情だとメディアは伝えている。

こうした状況下で、今月、わが家ではパソコンの購入したし、今また住宅リフォー
ムでGDPに貢献することになった。収入はまったく増えないけど仕方ない。

世の景気動向に関係なく、パソコンが動かなくなるし家の老朽化は進むからだ。

そこでカミさんの提案で家のリフォームをすることになった。
今日はその初日、今週いっぱいが予定工期だ。

高齢化に伴う階段への手すりの設置、2つあるトイレの1つの取り替え、壁紙の
張り替え、キッチンの床の張り替え、動きの悪くなった扉などの調整などだ。

わが家に来た大工さん、わが夫婦の雰囲気を感じ取ったのか、細かい打ち合せ
が発生する度に私に「奥さんにお聞きしましょうか?」という。
明らかに妻主導のリフォームだと見抜いているんだね。

事実、リタイアして以降、夫婦の立場が逆転していることはわかるが、こうあから
さまに出られると気分が悪い。でもカミさんには逆らえられないからガマンする。

ストレスが溜ったら旅に出ることにしよう。1人旅に・・

« 小説で追いかけていく真田丸 | トップページ | 繁栄は江戸の蓄積侮れず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフォームで婦唱夫随を見抜かれる:

« 小説で追いかけていく真田丸 | トップページ | 繁栄は江戸の蓄積侮れず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本