2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 戦争を茹でた南瓜という坊や | トップページ | 冬型の風の中にも梅の花 »

2016年2月29日 (月)

なんやかや日々が流れて春が来る

 今日は閏年の2月29日、1日儲けたような損したような日、明日からは3月だ。

今月もまあまあの時間が流れたような気がする。

ただ残念だったのは、2月に読んだ本が6冊で終わりそうで、目標の9冊に届か
なかったことだ。

済みそうと言うのは・・
今、読書中の「真田三代 下」の未読部分が100頁あり、この残りを今日中に読
めなかったら更に目標から遠のく。まあ大したことでないことだけど。

3月の予定は・・
家の外回りのリフォームが土日を挟んで約1週間予定されている。
その他に、3ヵ月毎の持病検査(今月は広範囲の検査)など病院通いが3回、友
人たちとの親睦会、川柳会があり、暖かくなる月後半には長距離ウォーキングも
やりたい思っている。

本も読みたいし、
孫との交流もありそうだ。

それでも、次の挑戦すべきものを探したいね。

以下の言葉に同感・・
“過去にもどりたいとは思わない。過去のなかに逃げ道をもとめるようになったら、
  おのれという男の命は尽きたも同然である”(小説の中の幸村の言葉から)

来月には次の挑戦をジックリ考えてみたい。

« 戦争を茹でた南瓜という坊や | トップページ | 冬型の風の中にも梅の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんやかや日々が流れて春が来る:

« 戦争を茹でた南瓜という坊や | トップページ | 冬型の風の中にも梅の花 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本