2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ちょっとしたことで不便になった夜 | トップページ | おゆうぎ会雪の舞姫演じきる »

2016年2月19日 (金)

てにをはのたった一字で仲違い

 タイトルは今日の川柳会で私が出した自由吟の句。
誰でも、3句出したうちの1句は選ばれるので胸を張って自慢などできない。

ボツになった2句の1句は・・
  「一億が衣替えして歩き出す」
 かつて「一億玉砕」など一億にはロクな記憶がない。
 それで今度は「一億総活躍」という。
大体、国がこんなスローガンを挙げても、その結果は実を結ぶことはない。

でも、選者の先生は戦後数年経っての生まれ、実感がないかもネ。

もう1句は・・
  「執着を絵にしたようなご本堂」
 最近、法事で訪ねたお寺さん、本堂、庫裏は改築されて素晴らしかった。
 檀家が減少していく今、お寺さんも生き残りに必死なんだね。
 でも、仏教の基本は「空」だ。執着しない心こそ仏の教えではないのか?
 そんな疑問を持った末の作句だった。

ボツになった2句の方が、選句された句より遙かに重いと思うけど・・

どうでもいいけど、自分の思いを他人に伝えるのは難しい。

« ちょっとしたことで不便になった夜 | トップページ | おゆうぎ会雪の舞姫演じきる »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てにをはのたった一字で仲違い:

« ちょっとしたことで不便になった夜 | トップページ | おゆうぎ会雪の舞姫演じきる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本