2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 3時間待って3分孫の病み | トップページ | 戦争を茹でた南瓜という坊や »

2016年2月27日 (土)

疲れてもよく寝たねえと言って起き

  昨夜の就寝は午前1時過ぎになってしまった。
目が冴えて寝付けなったので、読みかけの本を読んでいたから・・。

それでも、今朝も5時過ぎには目が覚めた。
カミさんと相談して朝の散歩は取り止めたので、急いで着替えする必要もない。
それと、今日は何にもしないことにしようと2人で決めていたので気が楽だ。

いつも在宅中は、午後は昼寝をするのだが、昨日はそれもなかった。
そのせいかどうか、ベッドにいる時間は短かったけれど熟睡感はあるようだ。

お陰で読書時間が十分とれた。
今、読んでいるのは「真田三代 下」(火坂雅志著、NHK出版)だ。
秀吉の小田原征伐あたりで、真田昌幸は北方から北条方の鉢形城を攻め、
信繁(幸村)は秀吉と石垣山城にあって小田原城を兵糧攻めにしている。
そう!昌幸は時勢を見て秀吉の臣下となっていたのだ。

信幸は本多忠勝の娘を娶った。小松姫だ。真田は徳川にも手を打ったのだ。
・・という具合で、本の真田丸も順次進んでいる。

明日のテレビが楽しみだね。

« 3時間待って3分孫の病み | トップページ | 戦争を茹でた南瓜という坊や »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れてもよく寝たねえと言って起き:

« 3時間待って3分孫の病み | トップページ | 戦争を茹でた南瓜という坊や »

無料ブログはココログ

お気に入りの本