2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 古里は春の日差しに包まれて | トップページ | さよならも出会いも花の真っ最中  »

2016年3月31日 (木)

廃屋を隠す葉を出せ山の木々

 信州・春日温泉で旅行2日目を迎えた。

朝6時から7時ちょっと前まで、散策路を歩いた。
ここは標高1000米とか、木々の芽吹きには、まだ日数がかかりそうだ。

葉のない木々の間に見えるのは、無残にも朽ちつつある無人家屋だ。
大きな旅館、谷間の農家、斜面の民家など・・、無残な姿に心が痛む。

山の木々の葉が茂れば廃屋も隠れるのだが・・、早く葉を出せ山の木々。
人口減少社会を痛切に感じる。
住民は元気で他所で過ごしているのだろうか?

木々の向こうには、雪を戴く日本百名山の蓼科山の頂が見える。(写真)
この山には過去2回登っている。そんなことを考えながら歩いた。

今回、この宿では3回入浴した。
3回とも入浴時には私の他には誰もおらず、いわば貸切り状態だった。
大浴場の湯船で思いっきり大の字に体を伸ばす。気持ちがイイねえ!

温泉を楽しんだ後は、カミさんの母親を見舞いに病院へ。
義母は満99歳、100歳まで生きるとガンバッテいる。
でも、いかんせん体が動かない。でも頭はしっかり、笑顔を絶やさない。

どうか穏やかに過ごしてネ。

Img_37771


« 古里は春の日差しに包まれて | トップページ | さよならも出会いも花の真っ最中  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃屋を隠す葉を出せ山の木々:

« 古里は春の日差しに包まれて | トップページ | さよならも出会いも花の真っ最中  »

無料ブログはココログ

お気に入りの本