2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« まず先に天つく枝の桜咲く | トップページ | 飲み残し残らず飲めばリスクあり »

2016年3月16日 (水)

日によってサービスレベル違いあり

  リフォームが終わって、工事費の請求書が届いた。

現金を持って近くの金融機関(信金)の支店へに振り込みに行った。
預金口座からの振り込みは、1日当たり確か10万円が限度だから・・。

先月も別の個所のリフォーム代金を、今日と同じ施工業者の口座に支払っている。
この時も、今日も金額は10万円を超えている。

この支店、振込用紙は店頭に置いてない。窓口でもらうしか手がないんだ。

先月は、何ら問題なく用紙をもらいスムースに振り込みは終わった。

さて、今日は・・
店内にいた女性職員に用紙をお願いしたら、「おいくらですか?」と訊く。
10万円以上の金額を伝えたら、別の用紙を出して「ここにも記入しろ」と言う。

振り込め詐欺防止用の用紙だ。当方の名前、住所、何のための支払いか・など
書かされて、身分を証明するもの(運転免許証)を持っているかと更に訊いてきた。

「先月も振り込みをお願いしたのに、どうして今日は厳しいの?」
「日によって、対応がどうして違うの?」と、尋ねたらいろいろと言い訳をした。

余りにうるさいので「わかった!」「わかった!」と言って、このお姉さんにご退場願っ
て、窓口を相手に処理を進めて無事終了。

もしかして、私を振り込め詐欺の当事者と疑ったか?
または、多少、認知症に罹った老人と見たか?
いずれかだろうね。

だとしたら・・、職員はマニュアルに沿っての職務遂行だから仕方ないか!
どっちにしても、そう見られたのは私の不徳の致すところだ。不愉快極まりないけど。

でも・・、サービスレベルは一定にしてもらいたいね。






« まず先に天つく枝の桜咲く | トップページ | 飲み残し残らず飲めばリスクあり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日によってサービスレベル違いあり:

« まず先に天つく枝の桜咲く | トップページ | 飲み残し残らず飲めばリスクあり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本