2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« シニアの家に不似合いシンジウム | トップページ | まず先に天つく枝の桜咲く »

2016年3月14日 (月)

あと三月命の手形書き換える

 雨のこの日、がんの術後3ヵ月毎に受けている定期検診に行ってきた。

雨でもあるので、受診する大学病院へ電車、バスを乗り継いで行こうと思った
が思い直して電車、歩いて往復80分のコースを選んだ。健康の為にね・・。

採尿、採血、その検査結果を見ながらの診察。
結果は、主要マーカは若干高かったが「このまま様子をみましょう」と、主治医。

普段は数値をあまり意識することはないが、検診時には多少緊張する。
ヤレヤレ、わが命、この先3ヵ月は持ちそうだ。一気に緊張感が緩む。
例え、ホルモン剤であっても薬は飲みたくないから・・。

主治医 「なにか不調なところはありませんか?」と訊く。
不調と言えば不調、体のアチコチは順調でないのは事実だ。

医師に、「先生、この病気の自覚症状はどんなモノでしょうか?」と、逆に訊く。
「今の状態では、ご自分ではわからないでしょうね」と、医師の答えた。

どんな状態が、この病気から起るのかわからないのなら、説明のしようがない。

いずれにしても、しばらくは安定しそうだ。これでよしとしよう。

« シニアの家に不似合いシンジウム | トップページ | まず先に天つく枝の桜咲く »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと三月命の手形書き換える:

« シニアの家に不似合いシンジウム | トップページ | まず先に天つく枝の桜咲く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本