2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« あの時のヨタヨタ歩き何だった? | トップページ | 春うらら歩いて食べてしゃべまくり »

2016年4月24日 (日)

クセあるがホントのワルが出ない本 

今日は当地の祭りの日、藤の写真でも撮ろうと思っていたが朝は生憎の雨だった。
祭りは実行するとの放送もあり、昼前に雨は上がったが出かけなかった。

結局、この日は読者三昧で過ごした。

読み終わったのは「まほろ駅前狂騒曲」(三浦しをん著、文藝春秋版)だ。
                             (「お気に入りの本」参照)

ここ数日は女性作家シリーズで楽しんでいる。
本書の前は有川浩著「塩の街」、次いで本書、今読み始めたのが角田光代著「八日
目の蝉」だ。いずれも油の乗りきった女性作家たちだ。私とは二回りの年齢差だ。

さて、「まほろ駅前狂騒曲」の読後感だが・・
タイトルにも含ませてもらったが、まほろ市で活躍する便利屋多田便利軒が舞台で
主人公の多田啓介を中心で物語が展開する。

登場人物はそれぞれ強烈な個性があり、様々なモメゴトや恋が展開するが真のワル
は出てこない。登場する人物はすべてまほろ市を愛していることが共通している。
ハッピイエンドで終わるのがいい。

まるで、春の穏やかな風を頬に感じるような爽やかな小説だった。
これが女性作家の特徴だろうね。

« あの時のヨタヨタ歩き何だった? | トップページ | 春うらら歩いて食べてしゃべまくり »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クセあるがホントのワルが出ない本 :

« あの時のヨタヨタ歩き何だった? | トップページ | 春うらら歩いて食べてしゃべまくり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本