2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 災害は忘れなくてもやって来る | トップページ | 運良くてとにもかくにも八合目 »

2016年4月16日 (土)

「無病では話題に困る老人会」(サラセン)

   B大学の特別講演会を聴講した。
この大学の生涯学習センターの主催で、確か年1回の開催だ。

講師はB大学の学長さん、題して「生涯学習のススメ」

内容はごく普通の市民生活上における学習に関することだった。
 1. いま、市民は充実した日々を過ごしているか?
 2. 暮らしの中の「学び」
 3. 暮らしを写す川柳市民投句の例
 4.  変わる家庭の暮らし
 5. 新しい「地域縁」を築く
 6. 地域の「よさ」は・・
 7. 地域の好縁づくりに向けて

本日のタイトルの川柳は上記の項目3から選ばせていただいた。
サラリーマン川柳(サラセン)からの選句とのこと。

感心したのは、講師の話のお上手なこと!
さすが学長さんだと思った。イネムリをしていた人は皆無だった。

それに講演時間を予定通りピッタリ2時間(休憩含む)に収めたこと。

学ぶべきことは多かった。
でも何か実行しなければネ、そうでなきゃ学んだことにならないから・・。

« 災害は忘れなくてもやって来る | トップページ | 運良くてとにもかくにも八合目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「無病では話題に困る老人会」(サラセン):

« 災害は忘れなくてもやって来る | トップページ | 運良くてとにもかくにも八合目 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本