2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« カリスマも見通しミスし退場す | トップページ | どうしよう壁にぶつかり目が覚める »

2016年4月 9日 (土)

しゃべるねえ女の多弁聞いてやり

   昨夜、近くのHさんご夫婦とわが夫婦4人で懇親会を行った。

両夫婦とも2人ずつの子供、子供2人は共に学年は同じ、小中学校も同じ
だった。もちろん両方の子ども達は独立し、それぞれに孫もいる。
また、両方のカミさんにはそれぞれ100歳近い母親が今も健在だ。

お互いに、40年以上に亘ってお付き合いさせていただいている仲だ。
年に数回、季節の変わり目に隣駅近くの居酒屋で飲むことにしている。

まず、妻達の「食事の支度が不要に感謝するわ」の言葉から始まった。

話は弾む、やはりおしゃべりは奥方様2人が中心だ。

次から次へと話題が目まぐるしく変わる。
男達は相づちを打ったり、酒を飲んでいればいいわけだ。

2時間の予定が1時間延び、更に30分延びて打ち上げ。

楽しい時間はアッという間に過ぎる。
この居酒屋さん、時間延長には寛容だ。昨年暮れには4時間近く粘った
からね。

配偶者を亡くした高齢者の単身世帯が我らの住宅地でも増えている。
お互いにつがいで酒を飲めるのは幸せだと思うよ。
いつまでも続いてほしいね。

« カリスマも見通しミスし退場す | トップページ | どうしよう壁にぶつかり目が覚める »

親睦、懇親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しゃべるねえ女の多弁聞いてやり:

« カリスマも見通しミスし退場す | トップページ | どうしよう壁にぶつかり目が覚める »

無料ブログはココログ

お気に入りの本