2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« どの資質空幕長になれたのは | トップページ | 「無病では話題に困る老人会」(サラセン) »

2016年4月15日 (金)

災害は忘れなくてもやって来る

   大ニュースはやはり熊本地震だ。
まず熊本地震に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。
また、この災害に対応されておられる方々ご苦労様です。

昨夜、別の部屋でテレビを観ていたカミさんが「地震らしいよ」と言う。
地震予告とのことで、ドアを前に構えていたら震源は九州だという。
安心した反面、被害が最小限に収ればと願った。

私にとって直接、間接に経験した災害とは・・
小学校6年生の時、住んでいた地域で大火(100軒以上消失)に遇い住んでいた家
も焼けてしまった。1年間、仮設住宅で親子6人で過ごした。冬は寒かった。

米国出張中、前日に大地震があったサンフランシスコに入ってしまい、空港の閉鎖、
交通機関の混乱、停電などでホテルに泊まれず、一昼夜かけてバスでロスアンゼ
ルスに移動して帰国した。訪問予定先に向かう道にある橋が崩落し、1日違いで転
落を免れた。

中越地震は出張から帰宅途中の羽田空港上空で知った。しばらく着陸できず旋回、
着陸後も交通機関の混乱で移動できず、帰宅は深夜になった。

東日本大震災には筑波山に登山中に遭遇、その日は帰宅できず避難所の小学校
で一夜を明かした。毛布が全員に回らず寒さで眠れなかった。

私は、誰でも災害に出遭うリスクはあると考えている。
今かも知れないし、数年先かも知れない。
まして日本は地震列島だからね。それなりの覚悟は必要な気がする。

だから昨夜のような地震があると、つい被災者が自分だったらと考えてしまう。
わずか1分かそこらで運命が暗転するんだから・・。



« どの資質空幕長になれたのは | トップページ | 「無病では話題に困る老人会」(サラセン) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害は忘れなくてもやって来る:

« どの資質空幕長になれたのは | トップページ | 「無病では話題に困る老人会」(サラセン) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本