2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 運良くてとにもかくにも八合目 | トップページ | オニギリが料理教室事始め »

2016年4月18日 (月)

新店で術後記念の飯を食う

  がん手術後4年を迎えたのが昨日、今日はカミさんがお祝いとして近くに
開店した和風外食チェーンでささやかな昼食会を催してくれた。

店の名は「
ゆず庵」、ネットで調べたら各地に店舗を展開する外食企業だった。
昼食は松花亭弁当が1280円、食べ放題が1980円(いずれも税抜きの2種類。

もちろん、高齢者のわが夫婦は1290円のセットにした。
味も量もなかなか、おかずの種類もいろいろありしっかりと味わうことができた。

客から見た感じはそこそこだが、いつも私は経営面で見る癖がついている。

店は国道と市道が交差すの十字路の角地に建っている。
斜め向かいの角には、チェーン店の「とんでん」がある。
平屋建てでボックスシートで駐車場も広い。
建物は見てくれは良いがかなり節約ムード、店内は省力化投資されている。
「ゆず庵」のメニューはしゃぶしゃぶと寿司がメインだ。

開店したばかりだから多くの従業員が目につく。
平常営業だったら、これだけの従業員は持ちこたえられまい。

「とんでん」よりも少し高い客単価だね。
メニューが絞られているので、果たして多くの客数が期待できるだろうか?
今日(平日の昼食時)もの駐車場も20%位の利用率だった。

また、果たして地域住民の客が期待できるだろうか?
交通の激しい国道の車の客を呼び込めるか?
・・等々、経営はかなり厳しそうな気がする。 他人事ながら・・。

さて、栄枯盛衰の激しい外食産業、「ゆず庵」さんは当地で生き残れるか!





« 運良くてとにもかくにも八合目 | トップページ | オニギリが料理教室事始め »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新店で術後記念の飯を食う:

« 運良くてとにもかくにも八合目 | トップページ | オニギリが料理教室事始め »

無料ブログはココログ

お気に入りの本