2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 寒暖の波に呑まれるこの身体 | トップページ | 年長になって手本になるという »

2016年4月12日 (火)

つい歩く春の日差しにつり出され

 風が強かった昨日と違って、今日は風もなく穏やかなお天気になった。

朝の散歩も歩きやすかった。
少し寒く感じた方が歩くにはいいようだ。

こんな気候に誘われて、予て懸案だった用を片づけるべくS市へ出かけた。
何とか用を果たし、お天気がいいから2~3の駅を省略して歩くことにした。

JRのS駅から大宮氷川神社、大宮公園を経て私鉄の駅へ30分弱の道のり。
そうだ、途中のS市立図書館で読みたい本も探してみよう。

快晴で湿度が低く、ウォーキングには最適だった。
氷川神社の参道、境内とも人影は少ない。ツツジが咲き始めていたね。
新緑が目に新鮮に映る。神社の楼門が陽に輝いて赤色が鮮やかだ。(写真)

公園の桜は既に葉桜、それでもシニアのグループが宴会を開いていた。
そう、花は盛りだけではないよね。葉桜の方がシニアによく似合うかも・・。

朝の散歩も含めて、この日の歩数は17000歩だった。
読みたい本を2冊ゲットした。いい日だった。

  Img_3799



« 寒暖の波に呑まれるこの身体 | トップページ | 年長になって手本になるという »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つい歩く春の日差しにつり出され:

« 寒暖の波に呑まれるこの身体 | トップページ | 年長になって手本になるという »

無料ブログはココログ

お気に入りの本