2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« シャクナゲも別れ惜しんで色あせる | トップページ | 形変え今も変わらぬ人の性 »

2016年5月 7日 (土)

見出し見るさすが新聞プロの味

 1週間後に迫った川柳会、今月は吟行会だ。
そろそろ、吟行先を頭に浮かべて句作の準備をしなければ・・と、思う。
実は、先月の川柳会終了後に、秘かに吟行先の下見をしてある。

今朝の新聞を読んでいると、S県版の「もの作りの現場から」というシリーズ
記事に吟行先の紹介記事が載っていた。

記事は食品(菓子)の製造工程、歴史、経営者一家など紹介している。
創業55年の老舗で三代目が育っているそうだ。詠むならこの当たりかナ。

感心して参考になったのは・・・、
商品や製造などに「さっくり 米の甘み」、「変わらぬ味 無駄あってこそ」など
の見出しを適度につけていることだ。
改めて記者の記事作りに感心した次第! おいそれと素人には出来ないね。 

これで、そこそこの句作の材料が揃った。
これからは自分の感性なり独創性が問われるんだ。

予め候補句を作っておいて、当日現場を見て秀正すれば良い。
気楽に行こう。所詮ボケ防止のお遊びごとだから・・。

« シャクナゲも別れ惜しんで色あせる | トップページ | 形変え今も変わらぬ人の性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見出し見るさすが新聞プロの味:

« シャクナゲも別れ惜しんで色あせる | トップページ | 形変え今も変わらぬ人の性 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本