2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 幼くも苦節一年実が結ぶ | トップページ | 「石竹を君の娶りの花と挿さむ 星野麦丘人」 »

2016年5月28日 (土)

政祭りで終わる五月風

 G7、オバマの広島訪問も終わり巨大な政治ショーは幕を下ろした。
「政」を「まつりごと」と読むのは、政治が祭りに通じるからだろうか?
そうなら、5月の日本はお祭り騒ぎだったんだね。争いより余程いいけど。

過剰警備で全国の駅でロッカーなど使えないなど、国民に痛みを押しつけた
割に、これらの興業の成果はイマイチだと言えそうだが、まあ事故がなくて結
構だった。何をやってもアレコレいわれるのが民主国家なのだから・・。

ある新聞に「情報は疑うこと 無批判の受け入れは誤った選択招く」とあった。
“役所が、警察が、政府が、マスコミが流した情報だから多少の誤差はあって 
  もほんとうなのかなあ、と思っていると大変なことになる。”・・という。

私もそう思う、例えば・・
オバマの広島訪問の真の狙いはなんだったのだろうか?

また、最も信用できないのが政治家だね。
消費税10%へのアップを先送りするという。これは明らかに参議選対策だ。
10%アップは必ず実現させると、つい先日まで言っていたのにだ。
このためにG7を安部さんは利用した・・と思ったね。
わが家計からは現状維持に賛成だが、コロコロ変わる政治家の発言には全く
信用性を感じない。

情報が飛び交う時代、同じ現象でも様々な情報を比較して、自分なりの考えを
持ちたいものだ。

ニュースを見たり聞いたりしたら「まず裏がないか、隠していることがないか」
と疑おう。辛いことだがそれが世の中を良くすることだと信じたい。



« 幼くも苦節一年実が結ぶ | トップページ | 「石竹を君の娶りの花と挿さむ 星野麦丘人」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政祭りで終わる五月風:

« 幼くも苦節一年実が結ぶ | トップページ | 「石竹を君の娶りの花と挿さむ 星野麦丘人」 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本