2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 今回が最後となるか思いつつ | トップページ | 表が裏裏が表のこの世界 »

2016年5月15日 (日)

ステテコとシャツ1枚で閉め出され

 13日に5月の川柳会が終わったばかりだが、もう6月句会の宿題句の提出期限
が6日後に迫ってきた。そろそろ考えなければいけない頃だ。

次回のお題は「シャツ」、思いつくまま何句か作ってみた。

  「ステテコとシャツ1枚で閉め出され」
米国出張時での出来事だった。
宿泊していたシカゴのホテル(シングル)での出来事。
宿泊して翌日朝の出発時、荷物を詰めたスーツケースを前もって部屋の外に出し
ておくことになっていた。
そこで、下着姿のまま、足でドアを押さえながら荷物を押して室外へ出た瞬間、足
がドアから離れてバタンと閉まってしまった。
さあ大変だ! ご存知、鍵かカードがなければ外からはドアは開けられない。
秘かに同行者の部屋をノックしてフロントへ連絡してもらった。恥ずかしかったね。

  「シャツの裾チャックが噛んで用足せず」
これは男性なら誰も覚えがあると思うよ。

  「Yシャツに口止めをして朝帰り」
高度成長期だった。飲み直しで気がつけば朝、Yシャツにはいろいろなニオイが
籠もっていたと思う。それに若かった。

 「訊かれても胸の横文字読めません」
様々なTシャツが溢れている。
どこの文字だからわからないのがプリントされている。漢字でも意味不明が多い。
これも世の流れかな・・。

 「Yシャツのボタン外せぬ野暮な俺」
読解はご想像にお任せします。

まだまだ後があるがこのへんで失礼。多作した中から選ぼうかと思っている。

« 今回が最後となるか思いつつ | トップページ | 表が裏裏が表のこの世界 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステテコとシャツ1枚で閉め出され:

« 今回が最後となるか思いつつ | トップページ | 表が裏裏が表のこの世界 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本