2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 暗がりで色白美人で出会うとき | トップページ | うつろいに予報外れる空模様 »

2016年6月 8日 (水)

なんとまあガーゼ忘れる口の中

  歯周病予防とかで、空いた歯間に詰め物をするために歯科医院へ出かけた。
今日は、前回とった型で作った詰め物を歯にはめ込む日だった。

歯科医は詰め物を歯間に入れて何回も調整、その度に何回も噛み合わされた。
ガーゼを口に押し込まれ、ガーゼの上から噛み合わせたまましばらくガマン。

数分後「はい今日はここまで」と、治療椅子から下ろされた。この間、約20分。

椅子から降りたが、何か口の中がオカシイ!
指で触って引っ張ったら、何とガーゼが口からズルズルと出てきた。

「これ次回まで入れて置くんですか?」と助手の女性に聞いたら「忘れていました」

歯科医って案外いい加減なんだね・・が感想。
外科手術で体内にガーゼや器具が置き忘れるのが他人事でない気がした。


昨夜は、孫娘のH(5歳)から電話がかかって来た。
今、小玉スイカを食べていると言う、上機嫌だ。
カミさんと話し、私と話し、Hは電話を切ろうとしない。
男の私には、幼児と長時間話すことがない。話題探しが大変だった。

この後、娘から写真が送られてきた。なるほどご機嫌だね。

    20160607






« 暗がりで色白美人で出会うとき | トップページ | うつろいに予報外れる空模様 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとまあガーゼ忘れる口の中:

« 暗がりで色白美人で出会うとき | トップページ | うつろいに予報外れる空模様 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本