2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 梅雨寒に一人歩きもオツなモノもの | トップページ | 都知事には誰が適任ローマなら »

2016年6月16日 (木)

どこ見ても性悪な人見当たらず

 '12年本屋大賞を受賞した「舟を編む」(三浦しをん著、光文社文庫)を読んだ。
  
新しい辞書「大渡海」を完成させるまでの出版社チームの活躍を描いた小説だ。
主人公は馬締見光也、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜か
れるところから小説は始まる。

日本語研究に人生を捧げる老学者やベテラン編集者など、彼を取り巻く人々、
そして出会った運命の女性をなど、不器用な人々の思いが胸を打つ。

三浦しをんは「まほろ駅多田便利軒」で、'06年の直木賞を受賞しているが、この
小説も、「舟を編む」にも悪人(もしくは性悪人)は登場しない。

ちょっと並と外れたおおざっぱな人はいるが、全て登場人物は善人ばかり!
雰囲気は、NHKの朝の連続ドラマに似ていると思うのは私だけ
だろうか?

作者の育った環境が、こうしたほのぼのとした小説の背景にあるかも知れない。
多事争論の世の一服の清涼剤と感じた本だった。




« 梅雨寒に一人歩きもオツなモノもの | トップページ | 都知事には誰が適任ローマなら »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこ見ても性悪な人見当たらず:

« 梅雨寒に一人歩きもオツなモノもの | トップページ | 都知事には誰が適任ローマなら »

無料ブログはココログ

お気に入りの本