2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« どこ見ても性悪な人見当たらず | トップページ | ぬかるみを避けて出逢った江戸しぐさ »

2016年6月17日 (金)

都知事には誰が適任ローマなら

  舛添都知事が辞任して、メディアの話題は次の知事選びに移った。
隣県住人の私には、所詮隣家の出来事に過ぎないけど下手なドラマより面白い。

塩野七生著「日本人へ 国家と歴史篇」(2010年 文藝春秋社版)を思い出した。
私は、塩野氏の著書「ローマ人の物語」全編を読んでいたので、氏がこの本で現在
の日本をどう見ているか「日本人 国家と歴史篇」の内容が興味を引いたのだ。

本書には、「夢の内閣・ローマ篇」、「同・ローマ篇(続)」の2項目があるが、残念乍
らながら知事(地方官)篇の記事は載っていない。

古代ローマでは皇帝直轄地でなく、属州総督(正式名は失念したが・・)が知事に当
たるかも知れない。 ローマ統治下の属州にふさわしい総督の職務、資質に何が求
められたか知りたいところだ。本書の姉妹編「日本人へ リーダー篇」に期待しよう。

ちなみに塩野氏が推すのは・・
「総務省」の大臣ならば、皇帝アウグストゥスを措いてないそうだ。
“・・広大な領土を有しながらローマが機能できたのは、中央集権と地方分権の絶妙
な配合にあった。このシステムを確立したのがアウグストゥスだ。  地方に分権が確
立すればそれはその地方の活性化につながるのだから、この分野の成否は国の将
来を決める。大臣に初代皇帝をもってくる価値は充分にあるのだ。”

その他、悪評高い皇帝ネロを外務大臣に推している。
ユリウス・カエサルも登場する。皆それぞれ理由が述べられている。
実に多士済々だ。安倍さん以下が全く貧弱に見えてしまうのは私だけかな?

« どこ見ても性悪な人見当たらず | トップページ | ぬかるみを避けて出逢った江戸しぐさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都知事には誰が適任ローマなら:

« どこ見ても性悪な人見当たらず | トップページ | ぬかるみを避けて出逢った江戸しぐさ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本