2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 女王の国残るか出るか幕が開く | トップページ | 60年過ぎてもシニア跋扈する »

2016年6月24日 (金)

どう見てもわからぬことに騒ぎすぎ

 英国のEU離脱するを問う国民投票の結果、英国民は離脱を選んだ。

午前中(日本時間)にBBCは早々に離脱確定の情報を流していた。
さっそく、金融市場がパニック状況に・・、状況が動く度に携帯にニュース
メールが届く。 円相場は一時1ドルが99円に急騰した。

所用のついでに寄った理髪店のオーナーさん、どこにチャンネルを替えて
も同じ事ばかり・・と、言っていた。

22時を過ぎて、この件についての論評も幾分落ち着いて来たようだ。
離脱まで2年の期間かあり、この間に英国とEUが細かい離脱条件を詰め
ると言う。

双方にどんなメリッド、デメリッドがあるかはっきりとわからないんだね。
だから開票結果も僅差だったんだ。パニックになることなんかないんだ。

そうはいってもポンドは下落傾向で、円、ドルは円高基調が続くらしい。

企業だけでなく、国民生活にどう影響が出るのか知りたいところだ。
アベノミクスの果実もまたまた遠のいたんじゃないかな?


« 女王の国残るか出るか幕が開く | トップページ | 60年過ぎてもシニア跋扈する »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どう見てもわからぬことに騒ぎすぎ:

« 女王の国残るか出るか幕が開く | トップページ | 60年過ぎてもシニア跋扈する »

無料ブログはココログ

お気に入りの本