2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 延期するだから改正させてくれ | トップページ | どう見てもわからぬことに騒ぎすぎ »

2016年6月23日 (木)

女王の国残るか出るか幕が開く

  英国がEUに残留か離脱するかを決める国民投票が始まった。
明日の昼(日本時間)には結果が出るらしい。

全英オープンゴルフを夜っぴてテレビ観戦ことはあったけど、英国の選挙まで
は関心がなかった。でも今回は違う。

私にとって、英国はまんざら縁のない国ではない。
私の大学時代には現EUはECと言っていた。講義で輝かしいヨーロッパの将来
をあれこれ聴いた覚えがある。
あれからから半世紀以上経って、時代的にも新たな問題が出てきたんだね。
EUも1つの転機を迎えているのかも知れない。

また、私は30代初頭に業務研修のため、数ヶ月英国郊外に滞在した。
まだサッチャー政権前、英国病と言われた時代だった。
仕事上で日英文化の違いを体験して、保守的なお国柄にビックリした。
年齢が高くなるほど、離脱派が高いのも頷ける。

自分を英国に置いてみると、自国の社会保障や仕事が難民に与えられるのは
ガマンがならないかも知れない。  高齢者にとって目先の生活や環境が大事だ
からだ。国際化になれた若い人には理解できないかもしれない。

長い目で見れば、EUに残留が得策だと思うけど・・、さて結果はどう出るか?

それにしても英国は幸せだね。
残る出るという選べるグールプがあるんだから・・。
アメリカにはカナダという友好国があるし・・。

日本は孤独だね。



« 延期するだから改正させてくれ | トップページ | どう見てもわからぬことに騒ぎすぎ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女王の国残るか出るか幕が開く:

« 延期するだから改正させてくれ | トップページ | どう見てもわからぬことに騒ぎすぎ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本