2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 気をつけよう医師のプライド突かぬよう | トップページ | 地元より母校気になる地区予選 »

2016年7月16日 (土)

何やらに西の風には血の臭い

 フランス・ニースのトラックによる死傷事件で騒がしいと思ったら、今度は
トルコでのクーデター騒ぎだ。

フランスやトルコのイスタンプールなどは観光目的の日本人旅行客も多い。
同胞の方々が事件に巻き込まれないことを祈っている。

加えて、自然災害が猛威を振るう地域も多い。
地球上で人類が安心・安全に暮らせる場所があるのだろうか?

少なくても、人間同士の殺し合いは避けたいものだが、人類が誕生して以
来、殺し合いは続いている。この意味では犬猫以下だと言われそうだ。
科学技術がいくら進歩しても、精神の未発達部分は昔のままらしい。

神風特攻隊は日本独特の戦術だったそうだが、今の自爆テロもそれ以上に
異常なものだ。まして宗教が絡むと無数の狂信者を生み無辜の民を殺す。

さて、日本はどうなのか?
憲法解釈の変更、集団的自衛権法制などは、他国なら暴動モノだが、幸い
日本では羊のように大人しい国民のせいで政府は安穏としていられる。
こんな国は世界では珍しいのではないか。

政治家になるなら日本が安心・安全が一番だ。だから将来を見通した大物
政治家が現れない。せこい政治屋が蠢く魑魅魍魎の世界かも知れない。

世界に暴力がはびこるからと言って、国民の基本的権利を奪うようなことは
してもらいたくない。

狂信者が、日本に潜り込んで組織的に暴れたら為政者の皆さんはどう動く?
それに巨大地震が重なったらわが国は壊滅だね。







« 気をつけよう医師のプライド突かぬよう | トップページ | 地元より母校気になる地区予選 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何やらに西の風には血の臭い:

« 気をつけよう医師のプライド突かぬよう | トップページ | 地元より母校気になる地区予選 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本