2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「師を仰ぐ」むかしむかしにお蔵入り | トップページ | 飲み終えて心も軽く身も軽く »

2016年7月20日 (水)

お漏らしも人間だから普通です

  ネットによると、今朝のNHK番組「あさイチ」で、有働アナのお漏らし告白
話題を呼んでいるという。苦情が多かったらしい。(私は見ていないが)

まあ、誰にもあることだよね。
お腹を壊したとき、介護されている人たちなど、待ったなしは仕方ないんだ。
また、この番組も肩肘が張るものでないし、大袈裟に騒ぐことでもあるまい


昨夜の雨は凄かった。
エアコンが嫌いな私、窓を開けて寝ていたら、凄い雨音で目が覚めた。
窓を見れば、カーテンが内側にめくれて雨が吹き込んでいる。
真夜中に突然の拭き掃除をなってしまった。


さて、今、「旧聞日本橋」(長谷川時雨著、岩波文庫版)を読んでいる。
これがなかなか面白い。
拭き掃除がしたら目が冴えてしまったので、この書をしばらく読み続けた。

著者の長谷川時雨(1879~1941)の生家は現座の東京中央区日本橋大伝馬
町3丁目だ。少女時代の町の活気や庶民の暮らしが生き生きと描かれている。

私が大学を卒業して入社した会社の本社は、旧住所表記で中央区日本橋橘町
(現中央区東日本橋)だった。ここで長年勤務した。大伝馬町はここから歩いて
も5分もあれば行ける。庶民の生活がイッパイ詰まった町なんだね。

当時、江戸の歴史に多少は興味があっても、資料を漁って街中を探索をするこ
となど思いもつかなかった。思い返せば残念の一言に尽きる。

機会を作って、ぜひ本書と古地図を携えて訪ねてみたい。
また、本書で興味を引く記事があったら、このブログでも紹介したい。




« 「師を仰ぐ」むかしむかしにお蔵入り | トップページ | 飲み終えて心も軽く身も軽く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お漏らしも人間だから普通です:

« 「師を仰ぐ」むかしむかしにお蔵入り | トップページ | 飲み終えて心も軽く身も軽く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本