2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 強がりを言ってもからだ正直だ | トップページ | 出したくも出るに出られぬこの暑さ »

2016年8月 5日 (金)

いつだって討たれるオレのクーデター

 8月川柳会の日、今日は。猛烈な暑さの予想だ。
ハンカチの他にタオル、センス、飲料などを持って参加した。

選者(句会の講師)からは、宿題句「仰ぐ」の秀句はでなかった。
そんな中で、女性会員から税金や社会保険料の値上げ、年金の目減りなど、
ため息混じりに天を仰ぐという句が数句発表された。上手い下手は別にして
実感がこもっていたね。

タイトルの句は、私が提出した自由吟の1句。
講師が「反逆したら撃たれますよね」と言って手で銃を撃つ仕草をした。
私は「撃つでなく討つですから撃ちません。字をを見て下さい」と答えた。
たかが家庭内の夫婦関係だ。撃つわけがあるわけがない。

川柳の選句なんてこの程度か、はたまた暑さボケなのかわからないが、こん
な具合で句会は終わった。所詮、言葉遊びだ。騒ぐことでもあるまい。

« 強がりを言ってもからだ正直だ | トップページ | 出したくも出るに出られぬこの暑さ »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつだって討たれるオレのクーデター:

« 強がりを言ってもからだ正直だ | トップページ | 出したくも出るに出られぬこの暑さ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本