2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 窓の下地響き立てる農作業 | トップページ | 強がりを言ってもからだ正直だ »

2016年8月 3日 (水)

「大臣に誰がなろうが通り雨 永田帆船」

  この日のタイトルを、これまで何回使ったろうか。
第3次安倍再改造内閣の大臣が決まった。われわれ下々には関係ないし、
新任で大臣になり、わずか数年間の任期で個性が発揮できるとは思えない。
実態は、この句の通りだと思う。官僚がしっかりしているから問題ないんだね。

さて、8月の川柳会が明後日に迫った。
お題「仰ぐ」の宿題句は既に提出済みだ。
自由吟は当日、短冊に3句を書いて提出し、講師が選者になって選句する。

この自由吟の3句目が決まらない。
8月には原爆記念日や終戦記念日があり、近頃はポケモンGOも流行ってい
て話題には事欠かない筈だが、上手く五七五にまとまらないんだ。
できたら、終戦時と今の暮らしの違いを詠みたい。あと1日あるので考えよう。

今日は、カミさんの誕生日だ。 
でも特別なことはお互いに考えていない。
なぜなら、私の誕生日が2週間後に迫っているので、いつも夫婦合わせての
食事会をこの期間にすることに決めているからだ。費用は二人で折半だ。
誕生日が来ても嬉しくもないが、夫婦揃って年を取れたことには感謝したい。
今日は娘がケーキで祝ってくれるという。

« 窓の下地響き立てる農作業 | トップページ | 強がりを言ってもからだ正直だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大臣に誰がなろうが通り雨 永田帆船」:

« 窓の下地響き立てる農作業 | トップページ | 強がりを言ってもからだ正直だ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本