2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 台風は去ったが困る置き土産 | トップページ | 種植えて孫が育てるこの西瓜 »

2016年8月24日 (水)

自分とは探すものより作るもの

  また1つ、テレビ視聴率アップに格好な話題を提供したようだ。
高畑淳子の息子が強姦致傷で逮捕された、というニュースがTVを駆け巡った。

私はこの件も、次元が違うかも知れないがSMAPの解散も特別な感慨を覚えない。
なぜなら、こんな例はこの世界に溢れかえっており、たまたま当事者が人気俳優
の倅だったとか、国民的アイドル的グループだったに過ぎない。
人気芸能人と言ったって、聖人君子なんてことはあり得ないから、当然犯罪も起こ
せば、グループ仲間間の確執も起こる。

今、読んでいる本の中にこんな文が載っていた。(「老人の壁」毎日新聞出版)
解剖学者の養老孟司氏が述べている言葉だ。
“僕は「人を変えるのが教育でしょう」って言っているんだけど、「そんな恐ろしいこ
  と」と今の先生は思っているんです。個性なんて、みんな生まれつき持っている
  んだから、何も教える必要がはないので、「上手に飾りつけて下さい」って教師は
  頼まれているわけですね。”

この論理によれば、高原裕太容疑者の教育は失敗だった、彼の人間性を変えない
まま(悪い素材のまま)」芸能人と言う飾り付けをしたことになる、と言えようか。

親は子どもから三界(過去、現世、未来)にわたって首かせを付けられているとか・。
結局は親しか後始末ができないんだね。高畑淳子さんに同情いたします。

蛇足ながら、ビジネスホテルの当直が女性1人だけとは危険じゃないかな?
私の投宿したホテルではこんな例はなかった。j殆どが男性の高齢者だったと思う。

« 台風は去ったが困る置き土産 | トップページ | 種植えて孫が育てるこの西瓜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分とは探すものより作るもの:

« 台風は去ったが困る置き土産 | トップページ | 種植えて孫が育てるこの西瓜 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本