2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 冬の富士駿河の宿の黒おでん | トップページ | 最短の読書時間を更新す »

2016年8月18日 (木)

この雨で流れてしまえ誕生日

 今日は私の誕生日だ。
わが家では子どもの誕生日が6月、7月に、8月に入って妻、そして私で終わる。
親子4人、夏の3ヵ月で揃って年を取るわけだ。

もう、この年になると誕生日など来なくていいが、気分的には一応の区切りだね。
今更来し方を悔いても遅いし、また未来の展望が大きく広がるわけでもない。

でも、多少は子ども達に頼られることもあるし、この世に全くの未練がなくなった
わけではないから、自分のことが自分でできる限りは生きざるを得ない。
そうそう、来月の孫の誕生日に向けて、孫からあの手この手で欲しいプレゼント
の圧力がかかっている。まず、これを乗り越えなければならない。
裏には、娘(母親)の動きが見え隠れしているけど・・。

今日は、カミさんと車で昼食に出かけた。
食事が終わる頃、猛烈な雷雨になった。
昨夜来の雨で、北海道などでは大きな被害も出ているらしい。

いっそのこと、雷雨で憂き世のいやなことを流せたら・・と、思いながら帰った。





« 冬の富士駿河の宿の黒おでん | トップページ | 最短の読書時間を更新す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この雨で流れてしまえ誕生日:

« 冬の富士駿河の宿の黒おでん | トップページ | 最短の読書時間を更新す »

無料ブログはココログ

お気に入りの本