2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 次々に建つ家みんな赤く見え | トップページ | この雨で流れてしまえ誕生日 »

2016年8月17日 (水)

冬の富士駿河の宿の黒おでん

   台風一過、猛烈な暑さになった。

午前中、所用で所用で外出するため玄関を出て道路に出た途端、強烈な太陽
光線でクラクラと目眩がした。フェーン現象なんだろうね。でも秋はすぐだね。

さて、あと2週間で9月だ。月が変わってすぐに川柳会がある。
この週末は、9月句会の宿題句提出期限だ。お題は「名物」

書きためてある句の中から、適当なものをあればと思い探してみた。

そんな中に、タイトルに書いた富士山と静岡おでん(黒おでん)の句が載っていた。
オリジナルで未発表とあるから、どこへ出しても心配はないはず。

大学を出て、最初の任地は神奈川県平塚市だった。馬入川(相模川)の茅ヶ崎側
あたりから見た冬の富士山は素晴らしい。
その後、東京の本社に転勤して何回も静岡に出張した。
静岡で食べたのが彼の地の黒おでんだ。多分、最初はおでん横丁だったと思う。

会社をリタイアした後は、旧東海道を東京・日本橋から歩いて静岡に泊まった。
この時も、昼間は冠雪した富士山を眺め、夜は黒おでんを堪能した。

こんな想いで、白銀の抱く富士山と黒いおでんを対比した上の句を出そうかと思
ったんだ。選者や参加会員がどんな評価をしようが気にしない。
人生の忘れられないワンシーンだからね。誰も壊すことはできないんだ、

« 次々に建つ家みんな赤く見え | トップページ | この雨で流れてしまえ誕生日 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の富士駿河の宿の黒おでん:

« 次々に建つ家みんな赤く見え | トップページ | この雨で流れてしまえ誕生日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本