2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 読み終わるあっという間の大活字 | トップページ | 検診も兼ねてあちこち動いた日 »

2016年9月25日 (日)

「懐は深いはずだがなぜもてぬ」

  10月川柳会の宿題句の締切りが迫ってきた。

お題は「深い」だ。
ネットで調べたら、「深い」の用例が、深い海、深い谷、深い井戸、深い雪、雪深い、
毛深い、草深い・・などなどの例が50近く出てきた。

直接、「深い〇〇」などを句に詠み込む方法と、古川柳風に「深いことかな深いこと
かな」を前句として五七五を詠む方法がある。

前句付で詠むと、「深さの加減の内容」を詠まざるを得ないと言われている。

タイトルは「深い」を詠み込んだ自作句だが、今回は古川柳風に詠んでみたい。

ところがなかなか句を思いつかない。
締切りが迫ってくるから気持が落ち着かない。


« 読み終わるあっという間の大活字 | トップページ | 検診も兼ねてあちこち動いた日 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「懐は深いはずだがなぜもてぬ」:

« 読み終わるあっという間の大活字 | トップページ | 検診も兼ねてあちこち動いた日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本