2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« やっぱりねカネで解決ドラ息子 | トップページ | 伝達は型で伝える武道では »

2016年9月10日 (土)

いつの世も子どもは親を見て育つ

  B大学の公開講演会を聴きに行った。

タイトルは『子供の「心の教育」を考える』で、B大学教育学部の3人の先生がお話
しをされた。

最初のお話は、子どもの発達を踏まえた心の教育についてで、子どもの発達には、
他者の存在が不可欠だということ。

子どもの“心”を育てる取り組みが行われている。
その取り組みは構造化され、以下のプログラムが開発されているそうだ。
 ◆ 適切な行動を育てるプログラム
 ◆ 思いやりを育てるプログラム
  ◆ 道徳的行動と道徳性を学ぶプログラム
  ◆ 怒りのコントロールの方法を学ぶプログラム

これを聴きながら考えた・・
他者の存在で、一番大きいのは親じゃないかと。

コドモが子どもを産んで、理屈をこねている世情が目立つ
例えば・・
子どもの給食費、払えるのに払わない親がいる。
給食時の「いただきます」がおかしいという親
ちょっとしたことで教師にクレームをつける親
・・・
こんな親からは、まともな心をもった子どもは育たないと思う。

まず、モンスターペアレントの再教育プログラムが先だと思ったね。

« やっぱりねカネで解決ドラ息子 | トップページ | 伝達は型で伝える武道では »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつの世も子どもは親を見て育つ:

« やっぱりねカネで解決ドラ息子 | トップページ | 伝達は型で伝える武道では »

無料ブログはココログ

お気に入りの本