2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 読み解けば暮らしが見えるこの数値 | トップページ | 運転をどこらあたりで止めようか »

2016年10月29日 (土)

旅はよしここのお米とここの孫

  信州のカミさんの実家へ2016年産米をいただきに行った。
車に乗ったのは、私の他にカミさん、娘、娘の飼い犬(小型犬)2匹。
娘には、往復約3時間の運転を私と交代で務めてもらうことにした。

それに、もうすぐ100歳になる義母を見舞う目的もある。

帰路は、これらの人と犬の他に、米袋150kg(30kg×5袋)が加わる。

午前中は雨の予想だったが、朝から晴れて上々のドライブ日和となった。

実家では、義弟一家が迎えてくれた。
義弟夫婦、義妹、当方の3人で、賑やかな会話が始まった。
女性4人と男性2人、圧倒的に女性がしゃべる。男は影が薄い。

少し遅れて、義弟の長男一家が加わった。
義弟の孫娘のHちゃん(写真)は未だ1歳、不思議な人がいるようだ・・と、
こっちを見ている。可愛のい盛りだね。さらに話が盛り上がった。

米の30kgは重い。でも義弟の長男は軽々と車に積み込んでくれた。
若さは素晴らしい! 立派な跡継ぎが育っているね。
それに、何よりも一家が明るいのがいい。

食事をいただいて、近くの施設に入所中の義母を見舞った。
四肢は弱っているが頭はしっかりしている。満面の笑みで迎えてくれた。
それぞれ、しっかりと手を握り合い再会を約して別れた。

帰路は、夕日に映える浅間山を眺めながら、軽井沢に寄り道をして、プロ
野球日本シリーズの試合が始まった頃に帰宅して長い1日が終わった。

2匹のワンちゃんたちは大人しかった。
家ではわがままイッパイだが、車や訪問先では静かで粗相もしなかった。
へえ~、君たちを見直したよ!・・と、いうのが私の感想だ。


お米を下ろした後の車の軽かったこと!、文句も言わず300kgを超える荷
物を積んで峠を越えてくれた車に感謝しよう。また頼むよ。
  
  Img_39301


 

  

« 読み解けば暮らしが見えるこの数値 | トップページ | 運転をどこらあたりで止めようか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅はよしここのお米とここの孫:

« 読み解けば暮らしが見えるこの数値 | トップページ | 運転をどこらあたりで止めようか »

無料ブログはココログ

お気に入りの本