2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「よい子には聞かせられない討論会」(TBSラジオ) | トップページ | 自主的にたまには酒を止めてみる »

2016年10月13日 (木)

赤ばかり目立つゲームであと一つ

  この日の夜は、秋の夜長のひとときをテレビで楽しんだ。
適当にチャンネルを切り替えるのは面倒だが、2台のTV受像器で見る程でもない。

まず、Cシリーズのファイナルステージの広島対DeNAと日本ハム対ソフトバンク。

見る方からは、断じてパ・リーグが面白い。ハム頑張れ!
一方、DeNAは連日の完封負けで元気がない。赤色だけが目立つ試合だった。
DeNA!、同じ負けでも、少なくとも点を取って負けなさい。

9時からは、「ドクターX~外科医大門未知子」を見た。
前回のシリーズ同様、スカッとするドラマだった。
米倉涼子、西田敏行、泉ピン子の好演が目立ったね。

そい言えば・・
昨日のM新聞に、「医療事故調1年」の記事が載っていた。
写真の永井裕之さんは私の高校時代の同級生で、今でも年6回、飲み会をやって
いる仲間だ。彼は医療事故で奥さんを亡くし、苦労の末に医療事故調の法制化に
努力した1人だ。結果は医師側に大きく譲歩した「医療事故調査委員会」となった。

会って話しを聞いても、医療事故調の運用もまだまだ道半ばと言う。
その思いがこの記事にも盛られている。

テレビのドラマもそうだが、未だ日本では患者中心とはなっていないようだ。
大学病院に数週間入院した私の経験でも、院長回診の行列こそ見なかったけれど
病院内部の目に見えない壁を感じた。

まあ、スーパー医師1人の問題ではないのだが、モヤモヤ払いに格好なドラマだね。

« 「よい子には聞かせられない討論会」(TBSラジオ) | トップページ | 自主的にたまには酒を止めてみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ばかり目立つゲームであと一つ:

« 「よい子には聞かせられない討論会」(TBSラジオ) | トップページ | 自主的にたまには酒を止めてみる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本