2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 新薬は高いと話すかかりつけ | トップページ | 有明の月が見上げる秋の花 »

2016年11月17日 (木)

 事故っても今更馬車に戻れない

  高齢ドライバーによる交通事故が多発しているようだ。

4人に1人が65歳以上ともなれば、高齢ドライバーの増加につれて事故も多く
なるようだ。かく言う私も高齢層の真ん中にいる。そして車を運転する。

今日、私は車で出かけた。

当然、運転中は事故報道が頭をよぎる。勢い運転は慎重にならざるを得ない。
日々の生活に車が完全に組み込まれており、現時点で免許証の返納は考え
られない。

運転上で特に気をつけていることは・・
 時間的に余裕をみて出かける。早く着き過ぎるくらいがいいんだ。
 また、それでも渋滞などで約束の時間に遅れそうなら、遅れても命まで取ら
 れないと腹をくくろう。 焦ることは禁物だ。

 広い道は車の流れに乗ろう。 
 街中はユックリ、駐車中の車の陰から人が急に現れることがある。

でも、相手があって避けきれない時がある。体を守ることを基本に考えたい。

数年前、助手席に乗っていて事故に遭遇した。全治2ヵ月の重傷だった。
今も、寒さで右手の手術痕がうずく。できるなら運転したくないんだが・・

今更、馬車時代に戻れない。
リスクが伴うものだと覚悟して乗るしかないんだね。

 

« 新薬は高いと話すかかりつけ | トップページ | 有明の月が見上げる秋の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  事故っても今更馬車に戻れない:

« 新薬は高いと話すかかりつけ | トップページ | 有明の月が見上げる秋の花 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本