2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 有明の月が見上げる秋の花 | トップページ | 逃げ回る戦に参加夢の中 »

2016年11月19日 (土)

避けたいがままにない仲間うち

  12月初頭の川柳会が迫ってきた。

お題は「仲間」、自分の句は既に事務局に送った。
タイトルの句は提出した句ではないが、ふと思いついて書いた。
あまり自信がないので、今回は公開を見送らせていただいた。

いろいろなサークル活動をしたが、息が合わぬ仲間はいるね。
一般的には息が合うのが友人で、グループメンバーは仲間かな?

今、当日持参の自由句を考えている。

親しい人を数人見送ったのでまず一句
  「黒一本あればネクタイ用が足り」

 結婚式はほぼ皆無、ネクタイと背広姿に縁なし。
 ネクタイは黒一本あれば間に合う。


 「チョウとマジだけで会話になる不思議」
最近の若い人の言葉、「チョウ(超)」「やばい」「まじ」「めちゃ」など
私には馴染めない。

 「朝貢とどこが違うの安倍総理」
安倍総理のトランプ参り、アメリカに尻尾振るポチでなきゃいいが・・

更に考えよう。

« 有明の月が見上げる秋の花 | トップページ | 逃げ回る戦に参加夢の中 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避けたいがままにない仲間うち:

« 有明の月が見上げる秋の花 | トップページ | 逃げ回る戦に参加夢の中 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本