2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

«  事故っても今更馬車に戻れない | トップページ | 避けたいがままにない仲間うち »

2016年11月18日 (金)

有明の月が見上げる秋の花

 今朝は、また寒さを更新しこの秋一番の寒さだと言う。

でも、歩くにはこの位の低温のほうがいい。
加齢か、または寒さに強いせいか寒さを感じない。
風がないだけ儲けものだね。スィ~スィと足が動く。

毎朝のウォーキングは決まったコースはない。
その日の気分に合わせて、勝手に行き先が変わる。

今朝は、1周2000歩の遊水池を囲む遊歩道を歩いた。
道路脇に見事な皇帝ダイアが咲いていた。
高く青空に伸びた花が、朝日を浴びて輝いている。

うっすらと十七夜の有明の月が花を見下ろしていた。
写真では、まるで月が皇帝ダリアを見上げているようだ。
(下の写真、左下の白い点が月)

 Img_3940

«  事故っても今更馬車に戻れない | トップページ | 避けたいがままにない仲間うち »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有明の月が見上げる秋の花:

«  事故っても今更馬車に戻れない | トップページ | 避けたいがままにない仲間うち »

無料ブログはココログ

お気に入りの本