2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« まだ遅れてる医療分野のIT化 | トップページ | 刺すような目指し感じた真珠湾 »

2016年12月27日 (火)

初詣行くがうるさい除夜の鐘

  除夜の鐘がうるさい、ノロウイルスのために餅つき行事を中止にするとかが話
題になっているようだ。

今夕の新聞によれば、地域交流が乏しくなったことにこれらの原因があるという。
また、除夜の鐘がうるさいと言うのは、若者でなく50~60代以上の発想だとも・・。

高度成長期の経済優先で、地域の祭りなど多くの伝統が消えた結果とも言う。

私も上記の年代区分に入るが、私はこの説には組みしたくない。
高度成長期には猛烈に働いたが、日本の伝統には多いに興味を持っている。

除夜の鐘がうるさい、幼稚園の新設は騒音で反対などの主張をする人たちは、
ごく普通の人たちだろう。他人の立場を思いやれない哀れな人たちだ。
日本の伝統や、自分にも幼い時があったことを忘れているんだ。

各人の許容範囲が狭くなっているんだね。
それこそ、年1回、除夜の鐘でも聞いて、過ぎた1年を振り返り、新年に向かって
ほしいものだ。除夜の鐘がうるさくても、初詣には行くんだから矛盾している。

さて、もうすぐ大晦日、わが家には近くの板東札所の名刹から除夜の鐘の音が風
に乗って流れてくる。
テレビの音量を減らし、しばし鐘の音色に浸るのも悪くない風情だ。




« まだ遅れてる医療分野のIT化 | トップページ | 刺すような目指し感じた真珠湾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初詣行くがうるさい除夜の鐘:

« まだ遅れてる医療分野のIT化 | トップページ | 刺すような目指し感じた真珠湾 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本