2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ここへ来て漢方試す機会あり | トップページ | 人生は登山ただ今下山中 »

2017年1月28日 (土)

遺伝子を責められたって背は伸びぬ

   今日は旧暦の元旦、いわゆる春節だ。
多くの中国人観光客が来日しているとニュースは伝えている。

一部を除いて、大雪のあった地方もお天気は良かったらしい。
多いに日本を楽しんで下さい。ついでにマナーも向上させてネ。

さて、2月川柳句会が来週に迫って来た。
タイトルは2月の課題「せき」に対応して出した自分の句だ。
「せき」は咳、堰、席、関、跡、積、跡、籍・・・など同音異語も多い。
私の句には「責任」の責を拝借した。

子供の背丈が格好良くないのは、親のせいにされて来たが、近頃
は遺伝子に組み込まれて遠い祖先から送られて来たと言うらしい。

遺伝子のせいなら、親の責務はほんの部分的なものだろう。
どっちにしても矯正はできないから諦めてもらおう。
そんな気持を詠んだもの。

当日持参の自由吟3句も考えなければならない。
夜中に布団の中で考えよう。

« ここへ来て漢方試す機会あり | トップページ | 人生は登山ただ今下山中 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子を責められたって背は伸びぬ:

« ここへ来て漢方試す機会あり | トップページ | 人生は登山ただ今下山中 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本