2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« どう動くアメリカのポチニッポンは | トップページ | 優勝の陰に努力が覗けた日 »

2017年1月21日 (土)

トランプはからだデカイが近視眼

  どうやら体温は平熱に、急激に落ち込んでいた体重も快復の兆しだ。
何よりも、少しずつでも食べられるようになったことが大きいようだ。

ただ、依然としてだるさは残る。
また、カミさんと娘が私から風邪をもらったらしく、体調不良を訴えているの
が気にかかる。 はやり家族全員が健康でなければいけない。

今朝は2時頃、一旦、目が覚めたのでテレビで米国大統領の就任式を見た。

トランプが「アメリカンファースト」というを何回聞いたろう。
だけど、自国ファーストはその国のリーダーにとっては当たり前の話だ。

問題は、トランプからは自国だけファーストで、周りの国、世界の国はどうで
もいいんだという雰囲気しか聞こえてこないんだね。
実業家上がりなら、当然にマクロ的に経済を捉えなければならないのに、そ
んな論調は聞こえてこない。ツイッターで労働者の感情を煽っているだけだ。

生産から消費まで他の国との交易なしに完結するなら、それもいい。
しかし、そんなことは不可能だ。

米国本土で車を作れば、人件費が高いから当然コスト高になる。
米国の消費者は高い車を買わされることになる。

生産した車は、米国内だけで売れてしまえばいいがそうはいかない。
輸出される高い車は、他の国では売れない。

今度は国際的に、今まで以上に各国間の格差が広がる。
新たな紛争が発生するわけだ。

さて、どんな展開になっていくだろうか?興味深い。

« どう動くアメリカのポチニッポンは | トップページ | 優勝の陰に努力が覗けた日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トランプを支持した人たちこそが、裏切られた!と云って彼を引きずり下ろすことになるような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128770/64791067

この記事へのトラックバック一覧です: トランプはからだデカイが近視眼:

« どう動くアメリカのポチニッポンは | トップページ | 優勝の陰に努力が覗けた日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本