2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 風邪引いてうつらうつらもたまに良し | トップページ | 退職し天下り学開講す »

2017年1月17日 (火)

安全を忘れた駅に待つ危険

   JR東日本の蕨駅(京浜東北の線)で起こった、盲導犬を連れた視覚
障害者のホームからの転落死亡事故が報じられている。

輸送会社の役割は、何をおいても「安全」なはずだ。

多額の投資が必要なホームドアは未だ出来ていない。
当然、視覚障害者の方々のリスクは増す。

ならどうする?
他の方法でこのリスクを下げなければならない。
ホームに駅員を配置する。
監視カメラの設置などに安全確認、駅員による声かけなどだ。

改札通過時のチェックは当然必要だ。マニュアルもないとは恐れ入った。

他の旅客への声かけ運動もあるだろう。
今回は上記の対策を何一つとっていない。

でもJR自らの努力をさておいて、真っ先に旅客へのお願いとは片腹痛い。
視覚障害者の乗降者数は、そう多くないと思う。
それなりのチェック方法でも、出来たことはあるはずだ。

« 風邪引いてうつらうつらもたまに良し | トップページ | 退職し天下り学開講す »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全を忘れた駅に待つ危険:

« 風邪引いてうつらうつらもたまに良し | トップページ | 退職し天下り学開講す »

無料ブログはココログ

お気に入りの本