2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 人生の価値川柳に込めたなら | トップページ | 痛ましや働き盛り事故に遭う »

2017年3月 5日 (日)

便利さも慣れれば不便みな忘れ

宅急便のヤマト運輸が、荷物の増加や人手不足で従業員の負担が大きくな
っているという。労組からも厳しい要求が出ているようだ。

会社員時代、情報関係でお付き合いがあった関係で、ヤマト運輸の会社の様
子はある程度わかっているつもりだ。

宅急便を創設した小倉元会長にもお会いしてお話を聞いたことがある。
新事業(宅急便)を立ち上げた当時の経営者や社員の意気込みは凄かった。
今でも、あの当時の意気込みが続いているものと確信している。

荷物は通販の拡大で増えているから、市場は拡大しているわけだ。
それに、この会社は宅配市場の半分近くを押さえている。
市場が停滞し、市場の奪い合いも勝負あったのだから、今の経営課題はあく
までも前向きなものなんだね。

社会の動きに対応が追いつかない贅沢な悩みだ。

でも、細かい商品戦略、情報システムで市場拡大を図ってきた会社だ。
社会の変化に対応した改革への処方箋が必ず出てくると信じたい。

顧客も過剰サービスに甘えてきた面があるようだ。
不便を常と思えば憂いなし、多少の不便さも許容されるような気がする。






« 人生の価値川柳に込めたなら | トップページ | 痛ましや働き盛り事故に遭う »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便利さも慣れれば不便みな忘れ:

« 人生の価値川柳に込めたなら | トップページ | 痛ましや働き盛り事故に遭う »

無料ブログはココログ

お気に入りの本