2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ちょっとした判断ミスが命取り | トップページ | 「我にある肩書き一つ世帯主  武井 猛」 »

2017年3月23日 (木)

真実を気ままな妻が惑わせる

  参衆議院の予算委員会で行われた、学校法人森友学園の籠池理事長への
証人喚問をテレビで見た。全部を見てはいないがなかなか面白い劇場だった。

このゴタゴタの真実は何か?自分ながらの推測を考えてみるのも面白い。
「事実は小説より奇なり」、思わぬ結果が出るかも知れない。

私はこう思う・・
安倍総理の妻が学園に、100万円の寄附をしたという発言が理事長からあった。
どちらかが嘘を言っていることが明白なのだが、言った言わないの水掛け論に
終わる可能性が高い。

安倍さんの妻が個人で寄附したとすれば、法令違反ではないはずだから、堂々
と寄附をしたと言えば良い。(安倍さんのイメージは下がるが・・)

籠池氏の証言が嘘だった場合、安倍さん側の立証は不可能と思われるから、結
局は黒白引き分けだね。

問題の本質は・・
国有地の大幅値引きの原因究明にある。

私は、大阪での私学審議会、大阪府庁、財務省近畿財務局、航空局間の相互の
流れの中に何か隠れていると思う。
その間を籠池氏の依頼を受けてジョイントしたのが政治家だろうと考える。
今日も現職、元の代議士名が実名で出ていたが、それなりの役目を果たした筈だ。

もちろん、財務省、国交省などの国の出先機関は、中央へ報告を行っているはず。
官僚は自らのリスクは事前に回避するからね。

この流れの裏に大阪府知事がいるのではないか?
籠池氏の恨みの矛先は松井知事に向いている。知事が途中で変節したんだね。
今日の委員会で質問に立った維新の会の議員の態度は、質問というより火消しの
態度のようだった。

上記のような推理でどうだろうか・・。

« ちょっとした判断ミスが命取り | トップページ | 「我にある肩書き一つ世帯主  武井 猛」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真実を気ままな妻が惑わせる:

« ちょっとした判断ミスが命取り | トップページ | 「我にある肩書き一つ世帯主  武井 猛」 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本