2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 真実を気ままな妻が惑わせる | トップページ | 郷土愛判官贔屓とごっちゃ混ぜ »

2017年3月24日 (金)

「我にある肩書き一つ世帯主  武井 猛」

  タイトルは新聞紙上にあった川柳句。
確かに、この句はわが身と同じ状況を詠んでいる。
カミさんが紙上でこの句を見つけ、お互いに笑い合った。

肩書きなどどうでも良いではないか・・、この世は色即是空だから。
それでも世帯主の肩書きがつくらしい。

さて、4月川柳会、お題「浴びる」を作句して事務局へ送った。

さまざまな句を読んだが、どれもしっくりしない。

結局、送ったのはこの句だった。
  「美人の湯浴びて磨いてこのレベル」

下の句をと考えたが、品性に欠けるかも知れないので断念した。
  「混浴の湯気がチラ見の邪魔をする」

当日、持参する自由吟3句はもう少し考えよう。
安倍内閣総理大臣に敬意を表して、1句は下の句にしようと思う。
  「忖度が何かと辞書をひいてみる」

« 真実を気ままな妻が惑わせる | トップページ | 郷土愛判官贔屓とごっちゃ混ぜ »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「我にある肩書き一つ世帯主  武井 猛」:

« 真実を気ままな妻が惑わせる | トップページ | 郷土愛判官贔屓とごっちゃ混ぜ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本