2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 反日の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | 私たちお外もいいが暑いです »

2017年4月13日 (木)

わしゃ藁か言って診てやるかかりつけ

 一昨日から始まった右肩痛、昨夜は痛みで殆ど眠れなかった。
どんな姿勢をとっても、痛みは治らない。

やはり、整形外科へと診察券を見たら2軒の医院はいずれも今日は休診日。

仕方なく、内科・神経内科のかかりつけ医へ行った。
月1度の内科検診の時でもあり、ついでに痛み止めの処置を頼んでみよう。

症状を説明したら、「こりゃ整形医院の分野だ」と、かかりつけ。
「その整形が今日は休診日、藁(ワラ)にも縋る思いで先生の所へ」と、私。

「わたしゃ藁か、まあ神経にも関係あるから何とかしましょう」
「先生は藁じゃなく、私にとっては藁もどきですよ。頼りにしています」
「ご専門外でしたら、痛みだけでも止めて下さい」

いつものことだが、ここまで言われて診ないとは言えなくなる先生だ。
この手で、専門外でもいつも相談に乗ってもらっている。

あれこれ患部を調べ、肩や腕を動かされ、書物を調べて診断を下した。
「関節周囲炎」だという。
「リンテロン注 4mg(0.4%)」を患部下部に注射して、何種類かの薬を
処方されて診察室を出た。


この間、約40分、診察室前には多数の患者が待っていた。
皆さん、お待たせしてすみません。ご協力ありがとうございました。
お陰様で多少楽になりました。
 

わしゃ

« 反日の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | 私たちお外もいいが暑いです »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わしゃ藁か言って診てやるかかりつけ:

« 反日の狭間で揺れてどこへ行く | トップページ | 私たちお外もいいが暑いです »

無料ブログはココログ

お気に入りの本