2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« エンゲルの係数異変何かある | トップページ | あと五日じっとこらえる副作用 »

2017年4月27日 (木)

都合よい文だけつまみ糧とする

 「60歳からの手ぶら人生」(弘兼憲史、海竜社社版)を読んだ。

どうも私は、この手の人生ノウハウ本には弱いようだ。
ついタイトルで買ってしまう。内容はどの本も同じなのに・・。

それでも都合よい部分だけを拾い出して、なるほど!と、思うことはある。

 ・持ちものを捨てる、友人を減らす。
    →この双方に賛成だ。
  ・お金に振り回されない。
    →いつも手元不如意だから心配ない。 その範囲で使うだけだ。    
 ・家族から自立する。   
    →大賛成、子ども達こそ親から自立してほしいネ。
 ・身辺整理をした先に
    →各論ごとに
選り好み
      例:「ゴルフのすすめ」には応えられない。60歳で止めたから。

« エンゲルの係数異変何かある | トップページ | あと五日じっとこらえる副作用 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都合よい文だけつまみ糧とする:

« エンゲルの係数異変何かある | トップページ | あと五日じっとこらえる副作用 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本